*

事業計画

                2021年度事業計画   
           (2021年4月1日から2022年3月31日まで)

1 ジェンダー問題に関する調査・研究
  (1)2018年度~2020年度に実施した第2期プロジェクト研究会の研究成果の公表に向けて、2021
  年度は原稿執筆及び編集を行う。(書籍の出版は、2022年度内とする。)
  <研究テーマ> 
  「ジェンダー研究が拓く知の地平」

  (2)海外のジェンダー研究の状況を調査するため、フランスのジェンダー関係機関などを訪問し、
   情報を収集する。
           
2 ジェンダー問題に関する研究への助成
  (1)個人研究助成
    若手研究者を対象に、ジェンダー問題に関する研究計画を公募する。
    研究テーマは、従来通り「自由論題」で募集する。
   ・募集期間 2021年4月15日~5月末日  
   ・募集人数 若干名
   ・個人研究助成審査委員会を開催し、受託者を決定する。
   ・受託者には、①翌年度の個人助成受託者報告会への参加 ②所定の期日までに研究報告書の
   提出を義務づけるが、研究論文をもって研究報告書に代えることができる。

  (2) 団体研究助成
    団体を対象にジェンダー問題に関する研究計画を公募する。
    募集は単年度ごとに行い、分野を問わない。 
   ・募集期間 2021年4月15日~5月末日
   ・募集団体 若干団体
   ・団体研究助成審査委員会を開催し、受託団体を決定する。
   ・助成を受けた団体には、所定の期日までに①研究活動報告 ②収支決算実績報告書の提出を
   義務づける。

3 ジェンダー問題に関するシンポジウム、フォーラム等の開催
  (1)ジェンダー問題に関する講演会を開催する。
  (2)個人助成受託者報告会を開催する。
  (3)ジェンダー問題に関する講座を開催する。
  (4)賛助会員の交流の場として、「賛助会員のつどい」を公開して開催する。

4 ジェンダー問題に関する年報、ニューズレター及び書籍の発行・出版
  (1)年報『ジェンダー研究』第24号を発行する。
    構成は、依頼論文・公募論文などとする。
  (2)東海ジェンダー研究所の広報紙としてニューズレター『LIBRA』を位置付け、年3回発行する。
 
5 ジェンダー問題に関する資料・文献の収集と情報提供     
  (1)研究図書・ジェンダー問題研究推進に必要な図書等の購入、寄贈図書の受入
  (2)研究動向・研究情報ニュースの収集(関係諸機関との提携等による)
  
6 セミナー室の貸出    
  ジェンダー問題に関する研究会・研修会の利便に資するため、登録団体にセミナー室を貸し出す。              

7 共催、後援及び他団体との連携 
  (1)名古屋大学ジェンダー・リサーチ・ライブラリ(GRL)の運営と発展に、GRL運営小委員会等の
  メンバーとして関与する。
   また、東海ジェンダー研究所借用のGRL会議室をジェンダー問題に関する研究会等に利用する。
  (2) 他団体から申し出があれば、検討の上、共催事業の開催や事業の後援を行う。 
  (3) (公財)あいち男女共同参画財団との連携を図るため、理事会及び「あいち女性連携フォーラ
  ム」に参加する。
  (4) 「名古屋市男女平等参画推進会議」(イコールなごや)に参加する。

8 ジェンダー問題に関する意識の啓発・普及を増進させるための内外の機関又は団体への援助
   名古屋大学ジェンダー・リサーチ・ライブラリへ2021年度分の運営資金を寄附するとともに、
  図書・資料の寄贈を継続して行う。