*

研究助成・原稿募集・審査結果一覧

   これまでの研究助成・論文募集・審査結果をご覧いただけます。

icn_pt2015年度(第19回) 個人研究助成 募集要項
       (本年度の募集は終了しました )

1 目 的
  公益財団法人東海ジェンダー研究所「個人研究助成」は、男女共同参画社会実現のために、広くジェンダー研究が 若手の研究者によって推進さ れることを願い、期待できる研究計画について研究費の一部を助成するも のである。
2 対象となる研究
  ・個人研究・分野不問・未発表のもの
3 助成費
  1研究 30万円以内
4 募集人数
  若干名
5 研究期間
  1年間
6 申請資格
  ジェンダー問題について研究意欲と具体的な研究計画を持つ者(国籍・性別不問)
7 申請書の請求方法
  ホームページから申請書類をダウンロードする。(FAXまたは郵送の請求も可)(こちらからダウンロード可)
8 申請方法
   書式に従って記入し、下記の期間に研究所へ提出する。※受付は郵送のみ
   期間  2015年4月15日(水)~5月末日(消印有効)
   <請求・提出先>
    公益財団法人 東海ジェンダー研究所
    〒460-0022 名古屋市中区金山1-9-19 ミズノビル6F
    TEL  052-324-6591   FAX  052-324-6592
    E-mail  info@libra.or.jp  URL http://www.libra.or.jp
9 採否の決定 ・通知
  採否は、当研究所の審査を経たうえで決定し、2015年9月末日までに通知 する。
  なお、応募者が多数の場合は、若手研究者を優先する。
10報告会での報告及び報告書の提出
  採用された方には、①翌年度の個人助成受託者報告会での研究報告
               ②所定の期日までに研究報告書を提出
 を義務付ける。

icn_pt2015年度(第19回) 団体研究助成 募集要項
        (本年度の募集は終了しました)

1 目的
  公益財団法人東海ジェンダー研究所「団体研究助成」は、男女共同参画社会実現のために、広くジェンダー研究が若手の研究者 よって推進されることを願い、期待できる研究計画について研究費の一部を助成するものである。
2 対象となる研究
  団体研究 (分野不問、継続的研究に関わらず、助成は単年度ごとに行う)
3 助成費
  1研究 10~30万円(研究の規模に応じて決定する)
4 研究費助成期間
  1年間 (単年度ごとに研究成果を報告する)  継続して3回まで応募することができる。5 申請資格団体
  ジェンダー問題について研究する研究団体及びグループ
6 申請書の請求方法
  ホームページから申請書類をダウンロードする。(FAXまたは郵送の請求も可)
  (こちらからダウンロードできます。)
7 申請方法
  書式に従って記入し、研究会の会員名簿、会則等を添付する。 ※受付は郵送のみ
  期間     2015年4月15日(水)~5月末日(消印有効)
  <請求・提出先>
        公益財団法人 東海ジェンダー研究所
        460-0022 名古屋市中区金山1-9-19ミズノビル6F
        T E L 052-324-6591 F A X 052-324-6592
        E-mail   info@libra.or.jp    URL  http://www.libra.or.jp
8 採否の決定・通知
  採否の決定は、当研究所の審査によって決定し、2015年9月までに通知する。
9 報告書の提出
  採用された団体は、2016年7月末日までに研究活動報告・収支決算実績報告書を提出する。
  ただし、継続申請を希望する団体は、2016年5月末を提出期限とする。

icn_pt2015年度個人・団体助成受託者審査結果

 個人助成受託者
  1 大森 順子 さん (公益社団法人 子ども情報研究センター 事務局員)
  「フェミニズムにおける子ども・子育ての位置づけと子育て支援に向けての思想構築
  ~子育て支援のなかでの母親の困難さとフェミニズム思想の役割を考える~」

  2 瀬戸山 有美 さん (東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻
                 家族看護学分野博士後期課程院生)
  「未就学児をもつ女性医療従事者におけるワーク・ライフ・バランスに対する育児支援の効果の実証的研究」

  3  山本 千晶 さん (お茶の水女子大学 生活科学部非常勤講師)
  「「中絶の権利」からリプロダクティブ・ライツへ」

  4 古橋 綾 さん (中央(Chung-Ang)大学校社会学科博士課程(韓国))
  「「内鮮結婚」政策に見る大日本帝国の植民地主義:超国的なジェンダーの視点から」

  5 中村 雪子 さん (お茶の水女子大学 非常勤講師)
  「インドにおける開発プログラムとしての女性酪農協同組合再考:ガバナンスとエンパワーメントの視点から」

 団体助成受託者
  1 WISH(女性と制度と歴史研究会)
  「女性運動と行政の協働に関する調査研究:男女雇用機会均等法の成立過程を事例として」

icn_pt2014年度

 個人助成受託者
  1 森 悠一郎 さん (東京大学大学院法学政治学研究科助教)
  「N.フレイザーの「承認/再分配」とジェンダー平等:現代日本のジェンダー立法への法・政治哲学的考察」

  2 洲崎 圭子 さん (お茶の水女子大学大学院人間文化創生科学研究科
              比較社会文化学専攻博士後期課程)
  「メキシコ人/メキシコ系女性作家の作品を通してみる男性性の諸相とマチスモ」

  3 横山 道史 さん (日本女子大学、国士舘大学、東京立正短期大学・非常勤講師
             立正大学文学部哲学科・教務助手)
  「「女たち」の反原発運動の思想的潜勢力を問う
   -「ポスト・フクシマ」21世紀のエコロジカル・フェミニズムの再興へ-」

  4 横山 美和 さん (お茶の水女子大学大学院人間文化創生科学研究科研究院研究員)
  「女性医師Clelia Duel Mosherの月経調査と19-20世紀転換期米国のジェンダー・ポリティクス」

 団体助成受託者
  1 WISH(女性と制度と歴史研究会)
  「女性運動と行政の協働に関する調査研究:男女雇用機会均等法の成立過程を事例として」

  2 保育の質研究プロジェクト
  「保育職のキャリア形成と家族形成のライフコース展望 ~学生、新人保育者、管理職の比較を通して~」

  3 愛知女性史研究会
  「愛知近現代女性史人名事典の作製の為の調査・研究 -調査・記録・検討・刊行準備-」

2013年度

 個人助成受託者
  1 鬼頭 孝佳 さん (名古屋大学大学院文学研究科 博士課程)
   「近世・近代の漢字文化圏における女性用教訓書(女訓)の研究」

  2 岩下 好美 さん (お茶の水女子大学大学院人間文化創生科学研究科 博士課程)
   「ひとり親の父の子育てと仕事 ―ジェンダーの遂行と親役割概念―」

  3 目 麻里子 さん (東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻修士課程)
   「「ワーク・ライフ・バランス」に関するアンケート調査
    ―女性有職者における仕事と介護の両立支援に焦点を当てて―」

  4 臺丸谷 美幸 さん (お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科 博士課程)
   「朝鮮戦争期の日系アメリカ人女性の従軍経験
    ―ジェンダーとエスニシティの視座からみる冷戦初期アメリカにおける軍隊再編と女性従軍―」

  5 山本 めゆ さん (京都大学大学院文学研究科 行動文化学専攻社会学専修)
   「引揚援護事業に刻印された性暴力と「混血児」対策
    ―「第三の慰安所」と引揚港での中絶手術から」

 団体助成受託者
  1 フェミニズム理論研究会
   「20世紀初頭のラディカル・フェミニズムとその周辺 ―日米欧の比較研究―」

  2 身体・性・生命・科学におけるジェンダー問題研究会(BG研究会)
   「ジェンダー論の現状と課題に関する学際的研究
    ―ジェンダー・バイアスのない身体・性・生命・暮らしをめざして―」

  3 「男女共同参画センターが行なう相談事業の現状と課題」研究会
   「男女共同参画支援施設の現状と課題
    ―相談者と相談員をともにエンパワメントするための比較研究―」

  4 NPO法人リソース・エンパワメント・ネットワーク
   「新たな経済社会の潮流のなかでの男女共同参画推進センターの役割についての検討」

2012年度

 個人助成受託者
  1 ユン ジンヒ さん (お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科 研究員)
    「韓国における女性脱北者の生活世界と生存戦略
    ー一女性脱北者のライフヒストリーに注目してー」

  2 柳原 恵 さん (お茶の水女子大学大学院人間文化創生科学研究科 博士課程
    「麗ら舎の<おなご>たちー岩手におけるウーマンリブのライフストーリーー」

  3 坂井 博美 さん (大妻女子大学 非常勤講師)
    「家事使用人の法的位置付けにみる戦後初期日本の労働・ジェンダー・家庭
    ー労働基準法制定過程の分析から」

  4 清原 悠 さん (東京大学大学院学際情報学府 博士課程)
    「女性たちのアイデンティティと戦後日本の住民運動
    ーライフストーリー研究と歴史社会学の視座からー」

  団体助成受託者
   1 フェミニズム理論研究会
    「20世紀初頭のラディカルフェミニズムとその周辺ー日米欧の比較研究ー」

   2 京都YWCA次世代サポート研究会
    「青少年を対象としたデートDV予防教育プログラムの開発に関する一研究
    ーPowerPointによるハンディーラーニングの開発と効果についてPart 2ー」

   3 BG研究会
    「ジェンダー論の現状と課題に関する学際的研究
    ージェンダー・バイアスのない身体・性・生命・暮らしをめざしてー」

   4 特定非営利活動法人リソース・エンパワメント・ネットワークREN新たな経済社会潮流の中での
    男女共同参画センターの役割研究プロジェクト
    「新たな経済社会の潮流のなかでの男女共同参画センターの役割についての検討」